2009年11月

兼六園 その3

兼六園 その3

根が地上にあらわれているため、「根上松」と呼ばれている松の木です。
おじさんが豪快に水をあげています。

%E5%85%BC%E5%85%AD%E5%9C%92007.jpg

瓢池(ひさごいけ)と呼ばれる池です。
園内でも、最も古い時代のものだそうです。
池の色があぶないです。

%E5%85%BC%E5%85%AD%E5%9C%92008.jpg

噴水です。日本最古といわれています。庭の中の標高差のみを利用して、自然の力で噴水にしたようです。昔の人の技術もすごいですね。
%E5%85%BC%E5%85%AD%E5%9C%92009.jpg

Posted by kamifuji | 2009年11月30日 14:51 |

兼六園 その2

兼六園 その2

池の左側に小屋が見えます。
殿さまが、あそこでお茶でも飲みながら庭園を眺めていたのでしょうか。

%E5%85%BC%E5%85%AD%E5%9C%92004.jpg

敷地内は結構広いです。
%E5%85%BC%E5%85%AD%E5%9C%92005.jpg

管理も行き届いていて、とてもきれいです。
%E5%85%BC%E5%85%AD%E5%9C%92006.jpg

Posted by kamifuji | 2009年11月29日 14:48 |

兼六園 その1

兼六園 その1  ~三名園~

石川県金沢市にある、兼六園。
日本三名園の一つ。

江戸時代に加賀藩の庭園として造園されました。

兼六園の名前の由来と調べると、
優れた庭園には、6つの特徴があり、それを「六勝(ろくしょう)」といいます。
下記の6つをもって、六勝といわれています。

・宏大(こうだい)・・・広々とした様子
・幽邃(ゆうすい)・・・静寂や奥深さ
・人力(じんりょく)・・・人の力による
・蒼古(そうこ)・・・古びた趣がある
・水泉(すいせん)・・・池や泉などの水が多い
・眺望(ちょうぼう)・・・遠くまで眺められる

この6つを兼ね備えている、「兼六園」というわけです。

真弓坂と言われる入口です。
%E5%85%BC%E5%85%AD%E5%9C%92001.jpg

入口を入ると松林が出迎えてくれます。

%E5%85%BC%E5%85%AD%E5%9C%92002.jpg

静寂に包まれた、日本の庭園といった雰囲気の池です。

%E5%85%BC%E5%85%AD%E5%9C%92003.jpg

日本三名園には、この兼六園のほか、
水戸の「偕楽園(かいらくえん)」
岡山の「後楽園(こうらくえん)」
があります。

Posted by kamifuji | 2009年11月27日 14:41 |

天橋立

天橋立   ~日本三景~

天橋立は、京都の日本海側にある宮津市にある、日本三景の一つ。
関東に住む私にとっては、京都というと、昔の首都であり、金閣寺などを代表する京都駅
周辺のことしか知りませんでした。

京都府は、実は日本海に面していることや、天橋立があるのも京都だということも
この旅で知りました。いやぁ、京都は奥が深いですね。

天橋立駅から少し歩き、フェリーに乗りました。
写真は、フェリーからの撮影。
%E5%A4%A9%E6%A9%8B%E7%AB%8B001.JPG


天橋立がよく見える展望台に到着。
%E5%A4%A9%E6%A9%8B%E7%AB%8B002.JPG

絶景です。天気もよかったです。
%E5%A4%A9%E6%A9%8B%E7%AB%8B003.JPG

「かわらけ」なる土製の皿のような形をしたものを投げて、的の中に入ると、おめでたいことのようです。
チャレンジしましたが、なかなか、的に入れるのは難しいです。

%E5%A4%A9%E6%A9%8B%E7%AB%8B004.JPG


日本三景とは、天橋立以外に、
宮城県松島町にある「松島」
広島県廿日市市にある「宮島」があります。

江戸時代に、日本の名勝(景色の特に素晴らしい場所)として紹介されたことが、「日本三景」の始まりのようです。

Posted by kamifuji | 2009年11月26日 22:36 |

福知山城 その2

福知山城 

大天守を反対側から撮影。

%E7%A6%8F%E7%9F%A5%E5%B1%B1004.JPG

城の石垣の中に、墓石や石仏が使用されている。なぜ、そのまま使用したかは諸説あるようです。

%E7%A6%8F%E7%9F%A5%E5%B1%B1005.JPG

天守からの景色。いい眺めです。

%E7%A6%8F%E7%9F%A5%E5%B1%B1006.JPG

Posted by kamifuji | 2009年11月23日 22:34 |

福知山城 その1

福知山城  別名 竜ヶ城

京都府にある、福知山駅を降りると、踊りを踊っている像を発見。

%E7%A6%8F%E7%9F%A5%E5%B1%B1001.JPG

いざ、福知山城天主へ

%E7%A6%8F%E7%9F%A5%E5%B1%B1002.JPG

ごつい大天守である。今までに見た城とは形が少し違うように思う。

%E7%A6%8F%E7%9F%A5%E5%B1%B1003.JPG

全国城郭管理者協議会出版の「城のしおり」に掲載されている城の一つです。
ですが、日本100名城には入っていませんでした。どういう基準で選定されているのでしょうねぇ。

Posted by kamifuji | 2009年11月20日 21:32 |

松尾 芭蕉

松尾 芭蕉(まつお ばしょう) 1644年~1694年

江戸時代に生きた、言わずと知れた俳句の名人。
『奥の細道』は有名な彼の作である。
伊賀の国で生まれる。
『奥の細道』では、隠密としての任務を受けていたという説や、
伊賀出身から忍者だったという説まである。

<有名な句>
古池や 蛙飛びこむ 水の音
(ふるいけや かはずとびこむ みずのおと)


%E6%9D%BE%E5%B0%BE%E8%8A%AD%E8%95%89.jpg

写真は、伊賀線上野市駅にある、松尾芭蕉像
(逆光のため見づらくてすみません・・・)

<私が好きな句>
夏草や 兵どもが 夢の跡
(なつくさや つわものどもが ゆめのあと)

岩手県平泉で詠んだといわれています。
戦国時代も、この芭蕉の句のような時代だったように思われます。

Posted by kamifuji | 2009年11月18日 23:16 |

伊賀上野城 その2

伊賀上野城 その2 ~日本100名城-47-~


伊賀上野城の敷地内に、発掘中の箇所を発見。
%E4%BC%8A%E8%B3%80%E4%B8%8A%E9%87%8E004.jpg

俳聖殿(はいせいでん)
松尾芭蕉生誕300年を記念する建物。伊賀上野城内の敷地にあります。

%E4%BC%8A%E8%B3%80%E4%B8%8A%E9%87%8E005.jpg

写真はありませんが、伊賀上野には、このほかにも、伊賀流忍者博物館がありました。
忍者屋敷の中で、忍者の格好をしたインストラクターが、床の下に隠した刀を取り出したし、
壁がくるっとまわって、裏側に隠れたりと、なかなかおもしろいアトラクションがありました。

Posted by kamifuji | 2009年11月15日 23:08 |

伊賀上野城 その1

伊賀上野城 ~日本100名城-47-~

別名:白鳳城

三重県伊賀市にある。電車で行きましたが、非常に大変でした。
やっと到着し、天守閣までたどり着いたときは、感動もひとしおです。

%E4%BC%8A%E8%B3%80%E4%B8%8A%E9%87%8E001.jpg

現在の天守は、昭和10年に川崎克氏が私財により築いた模擬天守である。
私財で天守を建てるあたり、すごいことである。

%E4%BC%8A%E8%B3%80%E4%B8%8A%E9%87%8E002.jpg

天守からの眺め。城の周りも山や木々などであり、のんびりとした田舎の風景といった感じである。
とても穏やかな雰囲気である。

%E4%BC%8A%E8%B3%80%E4%B8%8A%E9%87%8E003.jpg

Posted by kamifuji | 2009年11月12日 22:46 |

安芸の宮島 その5

安芸の宮島      厳島神社 ~世界文化遺産~ ~日本三景~

宮島には、厳島合戦と呼ばれる、毛利元就と陶晴賢との戦いがあった場所があります。
陶の軍勢数万に対して、数千の毛利軍が勝利した戦いであります。

毛利軍が、この要害山と呼ばれる山に宮尾城という城を作り、陶軍をおびき出しました。

%E5%AE%AE%E5%B3%B6013.jpg

要害山の山の頂上にあった看板。

%E5%AE%AE%E5%B3%B6014.jpg

要害山からの景色。奥に五重塔が見えます。

%E5%AE%AE%E5%B3%B6015.jpg

Posted by kamifuji | 2009年11月 8日 23:39 |

安芸の宮島 その4

安芸の宮島      厳島神社 ~世界文化遺産~  ~日本三景~

厳島神社は、海に面しており、朝方などは、鳥居や社殿を支える柱は
海の下で見えません。
しかし、昼すぎには、干潮となり、塩水が引いていき、鳥居の真下まで行けるようになります。
%E5%AE%AE%E5%B3%B6010.jpg

鳥居の真下から撮影。

%E5%AE%AE%E5%B3%B6011.jpg


厳島神社から、少し離れたお土産屋さんなどが並んでいる場所に、でかいしゃもじを発見。
誰が使うんだ!?
%E5%AE%AE%E5%B3%B6012.jpg

Posted by kamifuji | 2009年11月 7日 23:38 |

安芸の宮島 その3

安芸の宮島      厳島神社 ~世界文化遺産~ ~日本三景~

厳島神社の社殿に入りました。建物全体が朱色を基調としたすばらしい造りです。

%E5%AE%AE%E5%B3%B6007.jpg

厳島神社の社殿の中心の広い場所です。

%E5%AE%AE%E5%B3%B6008.jpg

厳島神社には、能を舞うための舞台まであります。

%E5%AE%AE%E5%B3%B6009.jpg

Posted by kamifuji | 2009年11月 6日 23:36 |

安芸の宮島 その2

安芸の宮島      厳島神社 ~世界文化遺産~  ~日本三景~

世界遺産「厳島神社」の碑もありました。

%E5%AE%AE%E5%B3%B6004.jpg


海に浮かぶ鳥居です。写真でしか見たことがない景色が目の前に。

%E5%AE%AE%E5%B3%B6005.jpg


厳島神社の社殿です。

%E5%AE%AE%E5%B3%B6006.jpg

Posted by kamifuji | 2009年11月 5日 23:34 |

安芸の宮島 その1

安芸の宮島      厳島神社 ~世界文化遺産~  ~日本三景~

厳島神社は世界文化遺産に登録されています。

広島駅から山陽本線で電車で約40分、宮島口という駅に着きました。
そこから、フェリーに乗り、宮島に向かいます。
フェリーから、あの有名な海に浮かぶ鳥居が見えました。

%E5%AE%AE%E5%B3%B6001.jpg


フェリーから降りると、鹿がお出迎えをしていました。
非常に、人に慣れているのか、鹿の方から人間にやってきます。
何か食べていると、おねだりをしてきます。

%E5%AE%AE%E5%B3%B6002.jpg


日本の三景の碑がありました。

%E5%AE%AE%E5%B3%B6003.jpg


宮島は、一般には、「安芸の宮島」と言って、日本三景の一つでもあります。
日本三景とは、宮島以外に、
宮城県松島町にある「松島」
京都府宮津市にある「天橋立」があります。

江戸時代に、日本の名勝(景色の特に素晴らしい場所)として紹介されたことが、「日本三景」の始まりのようです。

Posted by kamifuji | 2009年11月 4日 23:31 |

原爆ドーム

原爆ドーム ~世界文化遺産~

広島市にある世界文化遺産の一つ、原爆ドーム。
負の世界遺産とも呼ばれ、「後世にこのような悲劇を起こさないように」という戒めの意味もあると言われている。
原爆ドームの周りには囲いがあり、中には入れないようになっている。
%E5%8E%9F%E7%88%86%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%A0001.jpg

原爆ドームについての説明文
%E5%8E%9F%E7%88%86%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%A0002.jpg

戦争の悲惨さ、平和の大切さを考えさせられる、歴史の遺産である。
%E5%8E%9F%E7%88%86%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%A0003.jpg

Posted by kamifuji | 2009年11月 3日 00:09 |

広島城 その2

広島城 その2 ~日本100名城-73-~

広島城天守閣よりの景色。
広島市民球場が見えます。
(城の池掘の前にある、茶色の広場のような場所をさらに直線で奥側)
%E5%BA%83%E5%B3%B6%E5%9F%8E004.jpg

広島城天守閣。
水をたたえた堀と、石垣、木々、天守閣。いい景色です。
%E5%BA%83%E5%B3%B6%E5%9F%8E005.jpg

天守閣は、遠目に見ても、近くで見てもサマになります。

%E5%BA%83%E5%B3%B6%E5%9F%8E006.jpg

Posted by kamifuji | 2009年11月 1日 23:46 |

ウェブページ

Calendar

2011年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

サイト内検索

お問い合わせ

当サイトに関するお問い合わせは、aaa@@bbb.net よりお願いいたします。
※@は、1つ削除して下さい。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2007 四国旅行記・風景写真. All Rights Reserved.

run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...