武田 斐三郎

武田 斐三郎(たけだ あやさぶろう) 1827年 ~ 1880年

日本初の洋式城郭「五稜郭」の立案・設計を行った人物。

伊予大洲藩(現在の愛媛県大洲市)出身の学者である。
緒方洪庵の適塾で蘭学
江戸で佐久間象山から洋式兵術を学んだ。

%E6%AD%A6%E7%94%B0%E6%96%90%E4%B8%89%E9%83%8E.jpg

(写真は五稜郭タワー内にある銅像)

2010年2月13日 17:48 |個別ページ

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

ウェブページ

Calendar

2011年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

サイト内検索

お問い合わせ

当サイトに関するお問い合わせは、aaa@@bbb.net よりお願いいたします。
※@は、1つ削除して下さい。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2007 四国旅行記・風景写真. All Rights Reserved.

run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...