徳川 家康

徳川 家康(とくがわ いえやす) 1543年 ~ 1616年

100年に及ぶ戦国の世を統一し、260年にわたる江戸幕府を開いた人物。
日光東照宮では、「東照大権現(とうしょうだいごんげん)」として神としてまつられている。

徳川家康の遺訓と言われている名言

「人の一生は重荷を負いて遠き道を行くがごとし、急ぐべからず。
不自由を常と思えば不足なし。
心に望み起こらば困窮したる時を思いだすべし。
堪忍は無事長久の基、怒りを敵とおもえ。
勝つことばかり知りて、負くることを知らざば、害その身にいたる。
おのれを責めて人を責むるな。
及ばざるは過ぎたるより勝れり」

天下を長期にわたって盤石なものにした徳川家康ならではの、
非常に深みのある名言です。


%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%AE%B6%E5%BA%B7.jpg
(写真は、静岡県の浜松城内にある銅像)

2009年12月24日 00:35 |個別ページ

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

ウェブページ

Calendar

2011年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

サイト内検索

お問い合わせ

当サイトに関するお問い合わせは、aaa@@bbb.net よりお願いいたします。
※@は、1つ削除して下さい。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2007 四国旅行記・風景写真. All Rights Reserved.

run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...