豊臣秀吉

豊臣秀吉(とよとみ ひでよし) 1537年~1598年

百姓から天下人になったため、「戦国一の出世頭」といわれる。
関白、太政大臣にまでなり、関白の地位を甥で養子の秀次に譲ってからは、
「太閤(関白の前任者の尊称)」と呼ばれる。

大阪城を中心として政治をおこなっていたため、関西(特に大阪)での人気が高いようです。

せっかくの天下も盤石なものとすることができず、次代には豊臣家は滅んでしまいます。

辞世の句 「露と落ち 露と消えにし 我が身かな 浪速のことは 夢のまた 夢」

%E8%B1%8A%E8%87%A3%E7%A7%80%E5%90%89.jpg

写真は大阪城内にある銅像

2009年10月29日 18:24 |個別ページ

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

ウェブページ

Calendar

2011年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

サイト内検索

お問い合わせ

当サイトに関するお問い合わせは、aaa@@bbb.net よりお願いいたします。
※@は、1つ削除して下さい。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2007 四国旅行記・風景写真. All Rights Reserved.

run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...