四国旅行記・風景写真 TOP >  模擬天守他

カテゴリー:模擬天守他の最近のブログ記事

白石城 その3

白石城

三階櫓からの景色その2

城内には広いスペースがあり、芝がきれいに生えています。

%E7%99%BD%E7%9F%B3%E5%9F%8E007.jpg

三階櫓からの景色その3

城内を撮影。
写真の右手上段にある建造物が、白石城大手二門です。
それと、左手上段に見える倉のような建造物が、白石城歴史探訪ミュージアムと呼ばれる資料館や売店、3Dシアターなどが入っている建物です。

%E7%99%BD%E7%9F%B3%E5%9F%8E008.jpg

城内には、力士の銅像がありました。
「たいほう」ではなく、「おおづつ」と読むようです。
%E5%A4%A7%E7%A0%B2.jpg

Posted by kamifuji | 2010年2月28日 22:06 |

白石城 その2

白石城

天守、いや櫓の前に到着。

%E7%99%BD%E7%9F%B3%E5%9F%8E004.jpg

三階櫓を撮影。

%E7%99%BD%E7%9F%B3%E5%9F%8E005.jpg

三階櫓からの景色。


%E7%99%BD%E7%9F%B3%E5%9F%8E006.jpg

Posted by kamifuji | 2010年2月28日 22:04 |

白石城 その1

白石城

別名:益岡城

宮城県白石市にある城。

仙台藩伊達氏の支城として、代々、片倉氏が治めていた城郭。
徳川政権化では、一国一城制であったが、その例外として、支城として存続が続いた。 

白石城へ向かう途中にあった、旗。

「俺が行かずは誰が行く 伊達の先陣 片倉 小十郎 見参」

なかなか、かっこいい旗です。 
片倉 小十郎とは、伊達政宗の家臣で、伊達家の軍師としても活躍した人です。
片倉家の当主は代々、小十郎の名前を受け継いだといわれています。

%E7%99%BD%E7%9F%B3%E5%9F%8E002.jpg

天守へ向かう途中です。

%E7%99%BD%E7%9F%B3%E5%9F%8E003.jpg

写真は、再建された三階櫓です。

実際は天守と同じですが、上記の一国一城制もあったため、
当時も、あくまで櫓(やぐら)として呼ばれていたようです。

%E7%99%BD%E7%9F%B3%E5%9F%8E001.jpg

Posted by kamifuji | 2010年2月28日 21:14 |

上山城 その1

上山城 (かみのやまじょう)

別名:月岡城

上山氏が治めていた城。
最上家、伊達家などの攻防により、城主が目まぐるしく変わったようです。

現在の天守は、模擬天守(後からつくったもの)です。

山形県上山市にあります。
降車駅は、奥羽本線かみのやま温泉駅です。
そこから、歩いていけます。

テクテク歩いていると、上山城の天守が見えてきました。

上山城は、平山城(平らなところに山を設けて、その上に建てた城)のため、少し遠くからでもよく見えます。

%E3%81%8B%E3%81%BF%E3%81%AE%E3%82%84%E3%81%BE001.jpg


天守の真下まで来ました。


%E3%81%8B%E3%81%BF%E3%81%AE%E3%82%84%E3%81%BE002.jpg

天守を正面から撮影。
%E3%81%8B%E3%81%BF%E3%81%AE%E3%82%84%E3%81%BE003.jpg

Posted by kamifuji | 2010年2月15日 20:59 |

小倉城 その3

小倉城

天守閣を、パチリ。
なかなかよく撮れています。(自画自賛)

%E5%B0%8F%E5%80%89%E5%9F%8E007.jpg

水に映った天守を取りました。
本当はさかさまに映っていたのですが、わかりやすく写真をひっくり返しました。
なかなか、幻想的な写真です。

%E5%B0%8F%E5%80%89%E5%9F%8E008.jpg


「小倉城その2」でも記載しましたが、城の近くにある紫川と呼ばれる川の写真です。
川のそばにも噴水があったりと、いろいろと工夫された川辺になっていますね。

%E5%B0%8F%E5%80%89%E5%9F%8E009.jpg

Posted by kamifuji | 2010年1月 7日 13:16 |

小倉城 その2

小倉城

天守からの景色です。
小倉はとても発展している街でありながら、きれいに整備がされている街でもありました。

結構大きいビルもありながら、城の近くにある紫川の両岸はきれいに舗装されていました。

%E5%B0%8F%E5%80%89%E5%9F%8E004.jpg

天守からの景色、その2

何やら櫓(やぐら)か何かが見えると思って写真に撮りました。
実際は、小倉祖霊殿という、葬祭場のようです。

%E5%B0%8F%E5%80%89%E5%9F%8E005.jpg


天守からの景色、その3

何やら、はいからな建物があると思って写真に撮りました。
これは、「リバーウォーク北九州」と呼ばれる、映画館なども入った複合施設のようです。

%E5%B0%8F%E5%80%89%E5%9F%8E006.jpg

Posted by kamifuji | 2010年1月 6日 13:15 |

小倉城 その1

小倉城

福岡県北九州市小倉北区にある城郭。

城内の水掘では、噴水があがっていました。

%E5%B0%8F%E5%80%89%E5%9F%8E001.jpg


天守へと続く石段

%E5%B0%8F%E5%80%89%E5%9F%8E002.jpg

天守へと到着。
天守の上方部分に黒くふちどられた箇所があります。
まるで、黒サングラスをしたお城のようにも見えます。
%E5%B0%8F%E5%80%89%E5%9F%8E003.jpg

Posted by kamifuji | 2010年1月 5日 13:13 |

浜松城

浜松城

静岡県浜松市にある浜松城。
戦国時代、今川家の領地であった。
その後、徳川家の領地となり、徳川家康も
若き日にこの地を本拠地としていた時期もあった。

江戸時代には、この城の城主になった人の多くが、偉くなったため、
「出世城」という別名もあるようです。

秋口に行ったため、単なる木々がうっそうとしているような景色でしたが、
桜の時期には、大変きれいなようですよ。
%E6%B5%9C%E6%9D%BE%E5%9F%8E001.JPG

天守閣を撮影。
天守閣を支える石垣は、自然の石をそのまま積んで造った石垣だそうです。
大小さまざまな石が自然の状態で積まれているため、このような石垣のことを野面積み(のづらずみ)と呼びます。

%E6%B5%9C%E6%9D%BE%E5%9F%8E002.JPG

天守からの景色です。天守は網で囲まれていました。
秋口のため、木々が紅葉できれいでした。

%E6%B5%9C%E6%9D%BE%E5%9F%8E003.JPG

浜松市役所の隅にあった「鎧掛松(よろいかけまつ)」です。
徳川家康が、武田信玄と戦った三方ヶ原の合戦で敗れ、城に帰るとき、大きな松の木陰で休みました。そのとき鎧を脱いでその松に掛けたことから、鎧掛け松と呼ばれるようになったそうです。

%E6%B5%9C%E6%9D%BE%E5%9F%8E004.JPG

Posted by kamifuji | 2009年12月30日 14:58 |

高島城 その2

高島城 その2

天守からの景色。目の前に見えるのが諏訪湖です。

%E9%AB%98%E5%B3%B6%E5%9F%8E004.jpg

天守を反対側から撮影。
復興天守として鉄筋コンクリートで造られているそうです。
当時を偲ぶにも、電線が気になります。
%E9%AB%98%E5%B3%B6%E5%9F%8E005.jpg

Posted by kamifuji | 2009年12月10日 02:59 |

高島城 その1

高島城

長野県諏訪市にある城。
昔は、諏訪湖の接しており、「諏訪の浮城」と言われていた。
現在は、埋め立てられており、その面影はありませんでしたが・・・。

三大湖城の一つと言われている。
三大湖城には、この高島城の他に、下記がある。
「松江城」        (島根県松江市)
「膳所城(ぜぜじょう)」(滋賀県大津市)

なお、松江城は、現存12天守の一つでもある。

閑静な住宅街を歩くと、突如天守が姿を表しました。
%E9%AB%98%E5%B3%B6%E5%9F%8E001.jpg

城壁の周りは、水堀になっています。
%E9%AB%98%E5%B3%B6%E5%9F%8E002.jpg

いざ、天守へ
%E9%AB%98%E5%B3%B6%E5%9F%8E003.jpg

Posted by kamifuji | 2009年12月 9日 09:56 |

ウェブページ

Calendar

2011年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

サイト内検索

お問い合わせ

当サイトに関するお問い合わせは、aaa@@bbb.net よりお願いいたします。
※@は、1つ削除して下さい。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2007 四国旅行記・風景写真. All Rights Reserved.

run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...